日刊工業新聞社発行「月刊 新製品情報」
すぐに活きる、ビジネスセミナー
UP! DATES! 2024 Winter

どうするッ・・・?!
ニッポンの
モノづくりクオリティ

製造業の品質管理を向上させる最新手法

2024年2月22日(木)14:00~15:40
※13:45開場

オンライン開催
参加費無料

その悩み、果てしなく­­・・・。

ベテラン社員の大量退職と若い人材の確保が困難を極めるなか、
いまニッポンのモノづくり現場における数多くの課題の中で、
『品質管理』の問題は、製造現場の責任者の皆様を悩ませる問題です。

今いる「人」のスキルを上げていくのか、代替の手法で解決していくのか。
こうした問題に答える新たな機器・サービスを導入した事例を紹介していきます。

こんなお悩みありませんか?

品質管理手法の
ノウハウの伝達に
悩んでいる
品質維持のための
新たなツールを
検討したい
品質維持管理手法の
事例について学びたい
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

開催概要

日時
2024年2月22日(木) 14:00~15:40 ※13:45開場
場所 オンライン(zoomウェビナーでの開催)
参加料 無料
主催
日刊工業新聞社発行「月刊 新製品情報」
お問い合わせ先
日刊工業新聞社発行「月刊 新製品情報」
UP! DATES! 運営事務局
(株式会社日刊工業コミュニケーションズ 内)

TEL 03-5651-7171 / E-mail: shinseihin@nikkanad.co.jp
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

タイムテーブル

14:00
14:05
開会挨拶
14:05
14:25

基調講演|株式会社平山
製造業コンサルタント

柿沢 高一 氏


(株)リコー、トヨタ自動車(株)で主に品質保証に関する業務に従事。
その後、コンサルタントとして独立。
製造業であれば分野は問わず、広く150社を超える製造業の業務改善を主導されてきました。
本講演では、品質維持・管理問題解決にあたり、よくあたる壁や
品質維持・管理の改善施策のトレンドを踏まえつつ、
熟練技術者のノウハウをどのように伝えていくのか、
「カン」と「コツ」の作業に着目点を置いて、講演いただきます。

14:30
15:00
協賛企業講演|Tebiki株式会社
マーケティング
村岡 寛朗 


ものづくりのカンコツや暗黙知を、動画を使ってかんたんに可視化する方法

少子高齢化の進展により、国内の生産年齢人口は急激に減少し、
高齢化した熟練者の長年の経験やノウハウが喪失する危機に直面しています。
また、現時点と同程度の生産性を維持し続けるには、抜本的なものづくり革新と技術・技能伝承が必要となります。
そのような技術伝承は、暗黙知の可視化がポイントとなりますが、
投資対効果が見えづらいこともあり、スムーズに進んでおりません。
本セミナーでは、暗黙知の伝承にむけた可視化メソッドをお伝えいたします。

15:05
15:35
協賛企業講演|株式会社ストラタシス・ジャパン
プロダクト&サービス部
セールスアプリケーションエンジニア
金 大敬 (キム・デギョン)  


3Dプリンタ1台で医療機器の製品開発から量産立ち上げまでを実現!
株式会社トライテック様の事例に学ぶ!

大分県を拠点とする株式会社トライテックは、新規事業として医療機器「硬性内視鏡洗浄治具」を
開発し、製品化、そして量産体制までを実現をしました。
このすべての工程において、ストラタシスP3 DLP方式Origin One 3Dプリンタが活用されています。
本講演では、企業様からの事例に基づき、3Dプリンタの技術や医療機器材料を含む
幅広く対応する各材料について、企業様からの声と合わせてご紹介します。

見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
今回、講演企業の製品・サービスに関する資料は、日刊工業新聞社「月刊 新製品情報」Webサイトよりご請求いただけます。資料請求には、読者登録が必要です。
 ご登録者には、毎月「無償」にて冊子が送付される他、日刊工業新聞のイベントへのご案内、書籍割り引き等お得な特典がございます。是非、この機会にご登録ください。
■注意事項
1.オンラインセミナーは、「Zoom」を使用します。「Zoom」の利用には、米Zoom Video Communicationsが定める推奨環境が必要です。2.オンラインセミナーに参加される場合、参加者の責任において、「Zoom」利用に必要なコンピュータ、利用環境、通信機器、通信回線その他の設備を保持し、設定および管理するものとします。3.必ずビデオ画面に参加した上でのセミナー受講となります。

■免責
1. オンラインセミナーを利用する際のインターネット接続費用、通信費用等は参加者の負担であり、株式会社日刊工業新聞社(以下「弊社」という)はこれらの負担を負いかねます。2. 参加者の受講環境やインターネット通信状況によってはオンラインセミナーにご参加いただけない、接続が不安定になる、映像や音声が鮮明に上映されないなどの事態が発生する可能性がございます。この場合、弊社は一切の責任を負いません。3. 以下の場合にオンラインセミナーを中止、延期、または中断する場合があります。[1] 天災地変その他、火災、停電、戦争、動乱、暴動、騒乱等の非常事態が発生した場合。[2] 講演者側のコンピュータ、通信回線等の事故、障害が発生した場合。[3] 講演者の不測の事故、病気、慶弔等により実施が困難である場合。[4] 「Zoom」の不具合、メンテナンス等によりオンラインセミナーの提供が停止される場合。[5] その他弊社が開催が不可能、あるいは不適切と判断した場合。

■禁止事項
参加者は、以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると弊社が判断する行為をしてはならないものとします。
1.本セミナーの全部、又は一部を問わず第三者に提供する行為。2.本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為。3.本セミナーの運営・維持を妨げる行為。4.本セミナーの信用を毀損する行為。5.Zoomサービス規約に違反する行為。6.別の参加者又は第三者になりすます行為。7.本セミナー内での宣伝、広告、勧誘又は営業をする行為。8.犯罪に関連する行為。9.公序良俗に反する行為。10.弊社、講演者、参加者、又は第三者の知的財産権等、プライバシー権、名誉権、信用、肖像権、その他一切の権利又は利益を侵害する行為。11.その他、弊社が不適切と判断する行為。

■個人情報の取扱について
本講演で登録時に提供いただく情報は、米Zoom Video Communicationsおよび弊社、講演団体・企業で共有されます。得られた個人情報は、日刊工業新聞社およびそのグループ企業、講演団体・企業の営業活動に使用させていただくことがございます。予めご了承ください。
日刊工業新聞社の「プライバシーポリシー」について、こちらをご参照ください。